全部同じに見えますが?アイキャッチは記事の顔

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

はじめに

デフォルトで設定していたアイキャッチを変えてみようと思います。記事数も少ないし、まだ早いけど設定はしておくかと最初から設定してました。記事は内容が異なるのにアイキャッチはすべて同じでした。今回改めてどんなのが良いか記事内容を見直しながらアイキャッチ画像を見てみると、どれも同じで味気ない。SNSも使っていますが、ツイートの度に同じ画像がアイキャッチで表示されてて、そろそろ変えないとなぁと重い腰を上げるのでした。

デフォルト画像の呪縛

私は設定や変更に「Pixabay Images」というプラグインを使っています。フリー素材が数多くあるので画像に困ることがありません。
どんな画像があるかはこちらから閲覧できます。

記事の内容をイメージして画像を選択していって。。。とまぁここまでは順調でした。画像をアイキャッチに設定して記事の更新をしていきます。更新してから気付くわけですが、設定した画像が正しく表示されてくれない。何度も設定しては更新を繰り返しましたが、ダメだ。。。反映されていない。もうデフォルト画像の呪縛とでもいうように画像が変わってくれません。

プラグインやWordPressで調べてみてもそれっぽい原因が出てこない。。。困った。画像サイズが大きすぎるのか?だとしたらリンク切れ起こして表示がそもそもされないので違う。アイキャッチの設定が正しくできていないのであれば、プレビューに画像が表示されるはずがない。

うーむ、、、あれ?表示されてる。

よく考えたらブラウザキャッシュですよね?キャッシュが残ってて前の画像が表示されてると考えたい。しばらく放置してたら変わってくれました。

変更してみて気付いたこと

安易な気持ちで初期画像として設定していたものをデフォルト画像にしていました。今回見直してみて改めて考えさせられたことがあります。それは記事には個性があるということ。実践記録として記事がいくつかありますが、それぞれ内容はまったく違います。見ている人の注意を引いたり、その記事が何なのかをイメージさせるのがアイキャッチというそうですが、顔ともいうべきアイキャッチをしばらく放置していました。

変更してみて記事の一つ一つが命を吹き込まれたかのように際立つように感じました。

まとめ

記事を書くことに注力していたと言い訳するわけではありませんが、見せ方も一つのテクニックですし、そもそも命の吹き込まれた記事たちを一つ一つ大切にしていかないとダメですね。今回はこのへんで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする